【初めてのリサイクル店】あの衝撃は今でも忘れられない。

私は、結婚した後

旦那と一緒に暮らし始めました。

その頃から、私は、洋服を

断捨離するようになりました。

当時は、本当に大量の服を持っていて・・

でも、それを捨てるには

勇気が出ない・・

そこで、私は近くにあった

リサイクル店に服を持ち込むようになりました。

■ドキドキの査定中

最初に、リサイクル店に持ち込んだ時は

30枚ほどの服を査定してもらいました。

引き換えの番号札を渡され、

査定中は、店内をウロウロ。

その間、売られている商品の値札を見て

「え!?これが100円!?」

「これは、1500円なんだー」

何食わぬ顔で店内をウロウロしているけど、

内心は「自分の服は、どのくらいの評価なんだろう」

それが気が気でなかったのです。

■査定結果は・・

店内放送で自分の番号札が呼ばれ

レジカウンターで、査定額を伝えられます。

その額1000円ちょっと。

「えーーーー!あんなに出したのに、この額なんだ」

ショック。

心の中は、ざわざわ。

気持ちが、はち切れそうでした。

■現実を受け止める

でも、これが現実なんだなと。

あんなに捨てるわけにはいかないと

執着していたものが、実際のモノの価値としては

これだけの価値ですよ。

そう、現実を突きつけられて始めて

客観的に自分を見つめられるようになりました。

そして、査定額の1000円ちょっとのお金を

財布の中に入れて、テクテク歩いて帰る途中

色んな感情と共に、心のどこかで

スッキリするものを感じたのも事実です。

■ノーブランドは使い捨て

それからというもの、幾度となく

そのリサイクル店に服を持ち込み

現金化していきました。

そして、10枚ほどの服で、

査定額400円とかも自然と

受け入れられるようになりました。

一度、新品でなくなると

価値はガタ落ちするということ

特にノーブランドは使い捨てと

心得なければいけないんだ。

そんなことが自然と

受け入れらるようになり

勉強になったと、今では感じます。

■最後に

私も、数年前は、

モノを、なかなか捨てることが出来ませんでした。

勇気が出なかったのです。

でも、このリサイクル店での出来事は、

私にとっては、とても良い練習で

良い経験になり勉強になりました。

だから、安いものを買う時は、

これは使い捨てと心得て買うことができるし、

そこそこの物でも、新品でなくなると

市場価値はガタ落ちする。

そういうことも含めて

買い物ができるということは

やっぱり、あの経験があったからだと感じます。

▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪