スポンサーリンク

旦那は「名前のない家事」があることすら知らなかった。

人間関係の悩みを解決
スポンサーリンク

少し前にTwitterで「#名前のない家事」という

ハッシュタグが注目されました。

これは、料理や掃除洗濯といったわかりやすいジャンルにはまらない、

多岐にわたるこまごまとした仕事のこと。

例えば、以前、ESSE onlineに寄稿した

食品ロスが激減してお金が貯まる!ラクちん手書きメモアプリの実力と使い方

ここでも書いてあるのですが

・在庫管理

在庫管理と簡単に書いてあるけど

トイレットペーパー、ティッシュ、卵、

牛乳、納豆、調味料などが、現状どのくらいあって

どのタイミングで買い足すのがベストか

こういうのを考えるのも地味に大変。

■名前のない家事

・家族が玄関で脱いだ靴を下駄箱にしまう

・洗濯機の糸くずネットの掃除

・窓枠に溜まった汚れ

・鏡拭き

・シーツの脱着

・オーブンレンジの中の掃除

・冷蔵庫の中の掃除

・キッチンのヌメリ取り

・エアコンのフィルターに掃除機をかける

書き出したら止まりません。

■旦那にとっての皿洗い

旦那が家にいる時、

皿洗いは旦那がやります。

しかし、旦那にとっての皿洗いは

汚れた皿と鍋を洗う。

これが、旦那にとっての皿洗いだったわけです。

■それは5割

私は、その横で、

「名前のない家事」をやります。

例えば・・

・食卓の調味料などの片付け

・食卓や息子が汚した床を拭く

・炊飯器のご飯をおにぎりサイズに握る

・炊飯器を洗う

・生ゴミの処理

・キッチンのシンクの掃除

こういう目に見えないけど

やっとかないといけない家事って

たくさんあります。

■旦那、初めて知る

PY8DUIDEV1

この話を、この間、旦那に話したら

「それは初耳だ」

目からウロコ状態でした。

旦那にとって「名前のない家事」とは

存在すら知らなかったのです。

そうやって時間がある

ゆっくりした時に、

「本当の家事っていうのは

こういうことなんだよ」

そうやって、教えてあげないと

全く分からないのです。

■まとめ<言わないと分からない>

妻にとって「名前のない家事」って

当たり前すぎること。

だから、周りは、私がやっていること

もちろん知ってるよね?って感じます。

でも、旦那や子供にとって

「名前のない家事」は、

その存在すら知りません。

だから、妻が言って初めて知るのです。

それなのに「なんだか私ばっかり辛い」

そうやってストレスを溜めて

ある日、大爆発させるのです。

だから、大爆発させる前に

妻の方から、「私は、悲しいです」

伝えないと、分からないのです。

<関連記事>

怒りの奥には、必ず「悲しみ」が存在します。

だから、怒りに変わる前に

自分の悲しみを伝える。

相手も、キレられた状態より

「私は、悲しいんです」と切り出された方が

対処しやすいもの。

「思ったことは、素直に伝える」

これって、本当に大切ですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」